Men’s ANDOHの流儀

食えるガーデニング 山菜 衝動買い 大陸製品 怪しいパーツ ケミカルインプレ アウディA4(B7) タント ボルボV70 940 ジムニーJB23 JA11 ランクル80 カブ90DX マリンジェットMJ1100RA 650T 釣り FISH22 SR-22 FISH13メンテ日記。ホンダ除雪機HS-35遊び 電子部品

ボルボのお別れ会


5年間よく走ってくれました。
KIMG3162.jpg
KIMG3163.jpg
見慣れたインパネ。いつラムダが付くかひやひやでしたが、それもまた楽しい。
ボルボはシートが最高です。家でくつろいでるみたいな感じ。
またフィフティーズになったら、今度は940にまた乗りたいな。
なかったらこの初代V70で。
この素人でもなんとかメンテできるあたりの車がいいですわ。
スポンサーサイト

その4日後のことです。


スピード違反でした。事故の相手も人身になってしまったし、
あーあ、これで免停確定です。とほほほ。

事故りました。


相手さんがいるので詳しくかけませんが、追突です。
グリルは2センチくらい入り込み、ボンネットはくの字に曲がってしまいましたが、
いつものメカニックさんと板金屋さんに簡単に5分くらいで治してもらいました。
ボンネット交換をと言ってたのですが、もうそろそろ乗り換えようと思ってた矢先。
そうなら、そんなもんにお金かけたらもったいないわな。と。
ほとんどわからないでしょ?
あぁ、こうやって板金するんやー。勉強になりました。
KIMG2625.jpg
KIMG2624_20160729163534e43.jpg
KIMG2620.jpg
KIMG2619.jpg
KIMG2622_20160729163533ac0.jpg
最後のは色がはげてるのでよくわかりますが、
ボンネットはハンマー叩きと二人がかり引っ張り出しでこんなに元通り。
信じられません。

リアゲートダンパー交換


2011年の購入時からへたってまして、上げてもすぐに落ちてきては頭を直撃しておりました。
早くに直せば良かったのですが、暖かくなってくると冬場よりも持ちがよく、だましだまし
ダラダラと4年間も過ごしてきました。ネットで簡単そうに出来そうなのを見て、重い腰があがりました。
新品のダンパーです。2本で2700円。純正ではありませんので、クオリティは???。
KIMG1400_201604082233533a2.jpg
ダンパーを外すとゲートが落ちてくるので、傘でつっかえ棒しましたが、
結局、外れて頭直撃!!死にそうです。。ゲート無茶苦茶重い。首の骨が折れるかと思いました。
ダンパーを外してから新品を取り付けるまでは二人でやった方が良いと思います。
KIMG1401.jpg
まずは、この天井のパネルを外します。黄色のチェックがめくら蓋になってまして、
中に欧州車おなじみトルクスねじが隠れています。これを二つとも外します。
KIMG1402.jpg
左側です。リアスピーカーのふたをマイナスドライバーよりも薄いものでごじ開けます。
上の黄色のチェックにトルクスねじがあるのでこれも外します。
白色で囲ったところに、パチンっとはめ込みがありますので、丁寧に外します。
KIMG1411.jpg
丁寧にやらないと樹脂が硬化しているのですぐに割れてしまいます。
いらん仕事が出来ましたが、何かうれしい僕は変人だろか。ホットボンド(グルーガン)で修理します。
KIMG1408.jpg
左側の画像を取り忘れたので、右側になります。先ほどのパネルを外すとダンパーが見えてきます。
見えている側、リア側のジョイントから外していきます。ダンパーを握ってグイってやれば外れますが、
ペンチの柄でこぜるとすぐに外れます。
KIMG1410.jpg
前のジョイントは後ろが外れば簡単に外れます。
取り付けは、ボールジョイントにグリスを入れて、社外品の方には脱落防止のロックピンが付いていますので、
ジョイント取り付け後、小さな穴にロックピンを刺して完了です。なかなか刺さりませんが・・・。
片方で20分。要領つかめるので、もう片方は10分もかかりませんでした。
もっと早くに交換すれば良かった。
19年目の春でした。

オイル交換エレメント交換。


です。ジャッキアップさえ無ければ楽なのに。
KIMG1300.jpg
ヒマだったので色々眺めてました。これは、排気温センサーですか?O2センサーでしょうか?
KIMG1302.jpg
エキパイから出たすぐのところがO2センサーのような気がします。
KIMG1305.jpg
左フロントです。この丸い筒がキャニスター。ガソリンタンクで蒸発したガソリンをこの筒に貯めておきます。
たまったガスは燃調をパージバルブで制御してエンジンルームに送られますが、パージバルブなり、
キャニスターが詰まるとエンストやアイドリングのハンチングの原因になります。
KIMG1306.jpg
アイドリングコントロールバルブ、エアマスの清掃や点火系統に問題なければ、パージバルブが怪しいです。

パージバルブ
パージバルブはエンジンのフロント側、ラジエターの手前にあります。

春タイヤ交換。


フロントには横浜のアース1の中古です。クムホからの交換。
KIMG1278.jpg
リアはフロントに使ってたミシュランを持ってきました。両サイドが摩耗してます。エアは3キロで使ってますが。
アライメント狂ってるのかなぁ。

ラジエター交換。


ターボはオイルクーラーも兼ねてます。ATのクーラーも。なので、4つジョイントがありますね。
ネットで見ると、ファンなどの電装を外して、ホース類外してボルト2カ所外したら下から抜けるそうです。
そんなこと言われてもリフトが無いと無理です。
KIMG0948.jpg
届きました。台湾製です(笑)いつまで持つのだろう?
プロにお願いして1日で交換してもらいました。予定より簡単に外せたそうなので、
工賃安くしてくれるかなぁ。

それより、ヒーター入れるとまだクーラント臭いです。
やっぱりヒーターコアだろか。
エンジンルームの残り臭やろか。

ご多分に漏れず

KIMG0910.jpg

あー、漏れてますねー。割れてます。
車検時にLLC臭いねという話になり、「あぁ、ヒーターコアから漏れてるんです」と。
3年前から、ずーっとそう思ってたので。
けど、よく考えてみると、フレッシュ(外気)にすると臭うけど、リサイクル(内気循環)にすると臭わなかったのです。
ヒーターコアならどっちでも臭うはず。
気がつきませんでした。
外気からこのLLC臭を吸ってたんですね。
メカさんと「このいやらしいシミがあやしいなぁ」と見つけてたのですが、特定出来ず。
家に帰りアッパーホースをモミモミするとじんわりLLCが出てきました。
あちゃー。ヒーターコアだと思い、漏れ止めも2種類試したけど、
結局ここかー。
よーくみると3cmくらいに渡って樹脂部分にヒビが入っているみたいなので、
漏れ止めも効果無く、もはや時間の問題だったか。
欧州車ではメジャートラブルだそうで、10年くらいで寿命だそうです。
交換暦が無いので19年間よく頑張りました。

だましだましも限界かと、OEMの新品13000円!!(純正だと5万くらい)ダメ元で購入。
交換はYOUTUBEにも出ていてDIYできそうですが、
LLCだけでなく、ATクーラーにもなってるし、
オイルクーラーにもなってるので、各種フルードを用意しないといけないので、
プロに交換をお任せしました。

車検から帰ってきました。

1日で終わるところだったのですが、検査中ステアリンググロメットが壊れているとのことで、
急遽整備してもらってたので、5日ぶりのご対面。
今回、ブレーキ関係は前回してるので見送り。ATF交換、サーモスタット交換をしてもらいました。
下塗りも無しです。

買っておいたエアクリを交換しました。
KIMG0848.jpg
新旧。全然違いますね。距離的にはまだまだ使えるんですけど。
一応交換。

車内に「これだ!!」と割れていたという旧サーモスタットが置いてありました。
KIMG0849.jpg
KIMG0850.jpg
さてさて、いつまで乗れるかな。

またまたラムダ。


出張中に限って。しかも高速道です。
まぁ、冷静に。
・何度か、水温センサー異常が出てたので、これもそうかな?
・少し走ったところで気温2度になり、水温計が下に。ヒーターも全然きかない。
で、PAで止まって様子を見ました。
OBDをつなげるとやはり水温センサー異常を表しています。リセットするけど、またつきます。
ほんまにセンサー故障かな?
細い線を使っていたので、断線したのかも?
で、ライブで見てみると水温出してるんです。
???
数分後、水温は半分に戻り、ヒータも温かい風が出てきました。
ここでリセットするとリセットできました。
なーんや。
んー、エアマスで検知してる気温と水温のギャップでエラー検知したのでしょう。
サーモスタット交換ですね。

最後のオイル交換?


KIMG0264.jpg
といえば、ジャッキアップ。めんどくさい。
来月車検なので、買い換えるか、継続するか迷い中です。
現在20万キロ。タイベルは17万キロで交換してるので、推奨6万キロだとすると、
23万キロ。あと2年は大丈夫でしょう。んー、そのほかのパーツが
ダメになるでしょうけど、あちこちラッシュで来ると困るなぁ。
とりあえず、ATFも交換時期過ぎてるし、必須。
燃料ポンプ、フィルターはどないなろ?
オルタネーターもこれ換えてるんかなぁ?
まぁ、中古パーツでなんとかしますが、年式が年式なので、
中古パーツも古い!!。換えてもすぐ壊れるリスクじゃ、リビルト品対応になりますね。
KIMG0265.jpg
ドレン緩めてる途中でスカンくらって、オイルパンをぶん殴り裂傷!!。
祟りか?

タイヤ交換


土曜日から雪だそうなので、交換しました。
外したタイヤを見てびっくり。
KIMG0396.jpg
KIMG0395.jpg
ひでぇな。裂けてる。
もう一方も同じ所が裂けてました。
恐るべしクムホ。
南朝鮮製です。

新しいオイル

ガルフのNo.1PROというフルシンセオイルを使ってましたが、
緊縮財政なので、その半値以下のオイルを買いました。
シーホース。初めまして。
こちらも一応フルシンセ。しかも日本製。
なのに中国興業って。怪しい。
本当に広島に工場が
あるんだろうか?

KIMG0236.jpg

オイル、エレメント交換


3ヶ月ぶりにボルボのオイル、エレメント交換しました。
これまで土日しか乗ってなかったので、年に2回ペースでしたが、
ジムニー無くなってから通勤快速仕様になりましたので、この作業がタイトになってきます。
ジャッキアップが必要なのでめんどくさい。
KIMG3853.jpg
前回スペアが無く、再利用したドレンパッキンも新品に交換。
KIMG3854.jpg
オイルはガルフです。6リッター食いの3回目なので、今回で無くなるかな。
また注文せなあきません。

ちゃんとせぇよABS

面倒なので、画像無しです。
その日の夕方にABSエラーが出ました。
外しにかかりかしたが、熱くて触れません。
それもそのはず、横にタービンがありますから。
そもそも、こんな熱いところにあるから、半田が剥がれるんです。
ん?
これまで、鉛フリーの半田を使ってましたが、今回は鉛60%の物にしました。
これで、少しは熱に強くなるかも?
今回はエンジンかけても消えませんでしたので、
20km/h走ったところでセルフチェック後消灯。

またまたABS


通算3回目。外しも10分で出来るようになりました。
半田に15分。組み15分。慣れたもんです。
KIMG2855.jpg
KIMG2856.jpg
エンジンかけたら消えました。
エンジンかけたら消えるパターン。

ABSユニット交換再来!!完結編


ところが、消えないどころか、スピードメーターが動きません。
「わちゃー、これアカンやつやー」とりあえず、外してみます。
んで、よく見ると基本的ミス!!。品番が違う。やってもうた(笑)
えー、同じ初代V70でも違うの????!!!!。
旧はフィリピン製、新はメキシコ製でした。
んー。仕方が無いので、旧のハンダ付け直しをします。
KIMG2592.jpg
この右上側にあるコネクター部分のハンダが浮くことにより接触不良になるという
かなりメジャートラブルですが、リコールにはなってません。
このハンダを一旦吸い取って、新しく盛り直します。
まぁなんと手間のかかること!!
KIMG2596.jpg
シーラントだと乾くの待たないといけないので、アルミテープで巻きました。
さて、装着。今度こそ頼むよ!!。
KIMG2597.jpg
ハイ!!見事エラーが消えました。
7時から初めて9時半。ハンダ付けさえ無ければ2回目なのでかなり時間短縮出来た作業でした。
もうこれっきりにして欲しい。

ABSユニット交換再来!!


ヤフオクで落としたユニットです。ABSのアクチュエーターに引っ付いてたのを外しました。
一応、ノーエラーを謳ってましたので、ポン付けします。
KIMG2583.jpg
KIMG2586.jpg
この狭い中に手を入れ古いのを外します。
KIMG2587.jpg
KIMG2589.jpg
両腕こんな感じ、後で洗ったらミミズ腫れだらけでした。
KIMG2593.jpg
装着完了!!。
エンジンかけてみます。なぜか、ABS警告は点いたまま。トラクションコントロール警告灯は
消えていたんで、ABSのセルフチェックしないとダメかな。
20km/hでセルフチェックをするので、ちょっと一周してきます。
後半へ続く。

またまた点灯

ABS警告がまた点灯してます。何度かついては消えてたんですが、
精神衛生上良くないので、中古品と交換します。
ヤフオクで、「外すときはエラー表示なかったです」品が2つ。
1つは、4980円。
1つは、「アルミテープでぐるり貼ってあります」品なのでおそらく、
対策済。けど1万円します。
迷わずというのはウソで、迷いに迷って一晩考えて、
4980円にしました。だって、金欠なんですもの(ジャンク品出品して稼がにゃいかん)
あと、アイドリング不調なので、アイドリングバルブも欲しいのですが、
確定ではないので、んー。今回はやめておこう。
また、ABSユニット取り替えレポします。

アイドリング不調。

昨日もストールしかけました。前回、5月20日の時と症状似てるのが、
どちらも、走ってる途中は何ともなく、信号待ち。昨日は、駐車場入れる途中。
とアイドリング状態の時に突然おこりました。そして、その後は何も無かったかのように。
そして、どちらもラムダは点灯せず・・・。5月20日は快晴。昨日は雨上がりでした。
フローチャートしてみます。
考えられるアイドル不調の原因
・燃料系:ポンプ、リレーの不調だったら、走行、始動困難だし、却下か。
・点火系:プラグ、コード、デスビ、ローター、コイル。これももっと連続的になるんじゃ無いかなぁ?雨の日とか、湿度の高い日とか。
・燃調系:エアマス、アイドリングバルブ。アイドルバルブは先月掃除したばかり。そもそも、燃調だったら、ラムダが点灯するはず。
・その他:キャニスター(パージバルブ)も考えられるが、制御されてるしラムダ付くと思う。

なので、点火系が怪しいかなぁ?
次のページ

FC2Ad