Men’s ANDOHの流儀

食えるガーデニング 山菜 衝動買い 大陸製品 怪しいパーツ ケミカルインプレ アウディA4(B7) タント ボルボV70 940 ジムニーJB23 JA11 ランクル80 カブ90DX マリンジェットMJ1100RA 650T 釣り FISH22 SR-22 FISH13メンテ日記。ホンダ除雪機HS-35遊び 電子部品

台風6号


雨戸閉めようとしたら、内側に同居人が・・・。ビクビク震えてた。
なんだよ、キモかわいいじゃねえか。
スポンサーサイト

ボロボロシート再生


外側、内側とも腐食しています、鉄製ですから当然です。
サビを極力取り除いてから、エキポシ編成塗料を塗りまくり。サビの隙間を埋めていきます。
その後、FRP積層。
CA1380882.jpg
CA1380879.jpg
両方ともいい感じでレストア出来ました。

暑いのに釣り。


このくそ暑いのに釣れるか~と思いながら鷲崎にやってきました。
伊根湾内でアジを狙ってましたが、全然ヒットせず。
CA1380869.jpg
CA1380871.jpg
ベラ、キュウセン、ガシラと入れ食い状態でした。がそろそろ飽きてきたので、青島沖のグリに移動。
入れるや否や、大グジです。
続いて、なんれうさんが竿が折れそうというので、もうええて、と思っていたのですが、
黒メバルの3連チャンでした。
CA1380872.jpg
CA1380873.jpg


スピードメーター修理。


スピードメーターが動きませんでしたので、色々ネットで調べますと、センサーは船外機の後部の穴から、水圧を受け、それをメーターに送っているとのこと。この穴が詰まるようです。
さてさて、2枚目の画像になりますが、トランサム付近でこのセンサーからのパイプが中継されています。
ここを外して、船外機側を吹いてみますと、詰まってる。案の定。
ですので、この矢印にある直径約3mmの穴に1.2mmの針金を突っ込んで、ゴソゴソ掃除します。
CA1380865.jpg
そして、高圧エアーでパイプを吹きます。
CA1380866.jpg
すると、こんな感じで見事貫通しました。パチパチ。
と思いきや。
トランサムからメーター側のパイプを吹いて見ますとなんと!!詰まってる!!
やむなく、メーター後ろの配電盤を外し、メーターに繋がっているパイプを外します。
それからエアーを吹きますと、白い煙が大量に外した所から吹き出ています。
おそらく、詰まっていた塩の結晶が吹き出てきたのかと思われますが、十分シリコンスプレーとか
吹いた後、元通りにし、見事スピードメーター復活となりました。
ソルトフラッシュ系を注入しておいても良かったかも。
何とも単純な構造だけにトラブルも未然に予防できそうです。
しかし、海使用ではなんとかならんかったのかなぁ。これじゃ絶対詰まるし。

ドナドナ


古い船に乗せられて~です。古くて新しい次の船を取りに行きます。梅雨前線直下、近畿地方に激しい雨を降らせています。かっぱは来たけれど、上から下までズクズク状態です。もやがかっていて、コンパスを外してしまっているので、東西南北さっぱりわかりません。川からのゴミも浮遊しているので、それにも気をつかいながら、
宮津のマリーナまで回航です。
CA1380852.jpg
古くて新しい船です。伊根に向かってます。風も強くなってきたので、急いでます。
CA1380853.jpg
115馬力ですので、パワフルです。オーバーパワー制限かかっているのですが、ペラのピッチがあっていないか、5000回転も回すと空転している感じです。
3000回転も出せば、前の船より確実に速く、3500回転からは、中速ジェットに切り替わるんでしょうね、音が変わり、4500回転でさらにカラット乾いた音に変わり、5500回転は狂ったように回ってます。
2ストってこの「音」ですね、生き物みたいにキャブのジェットが切り替わった所(実際はそんな所無いですが)セッティングポイントが分かるというか、妙にアナログな所が大好きです。なんだか、僕の周りの物はすべて2ストに戻ってきてます。



FC2Ad