Men’s ANDOHの流儀

食えるガーデニング 山菜 衝動買い 大陸製品 怪しいパーツ ケミカルインプレ アウディA4(B7) タント ボルボV70 940 ジムニーJB23 JA11 ランクル80 カブ90DX マリンジェットMJ1100RA 650T 釣り FISH22 SR-22 FISH13メンテ日記。ホンダ除雪機HS-35遊び 電子部品

また点いた。


前回、12月23日にラムダ点灯しました。OBDでチェックしてもらってもエラーがなかったので、
誤動作ということで様子見てました。
また点きました。エンジンの不調もないので誤動作かと思います。(となりのサービスランプはオイル交換を促す物で
2分後に消えます)
チェックだけで5000円も取るディーラーと違って、うちの通いのメカニックさんは
チョイチョイっとタダでやってくれますので今回も行こうかなと思ってるのですが、
それも面倒くさいので、OBDを買おうかなーと検討中。
img64706742.jpg
どなたかおもちの方、使い心地レポートいただきたいです。

スポンサーサイト

オイル交換。

昼から勤務だったので、午前中にやっちゃいました。下抜きで13分!!。早いでしょ。
MonotaROのオイルを3000kmで交換しています。昨年より転勤でさらに通勤距離が伸びたので、
2ヶ月半で3000kmになります。オイルはまだまだイケそうな感じですが、
清浄効果が高いのか?エンジンがやれてるのか、毎回よく汚れています。
オイル交換後はレブまでスムーズにまわるので、安いMonotaROオイルを
短いスパンで交換が良いと思います。

エンジンオイル SM/CF 5W-30 5W-30

エンジンオイル SM/CF 5W-30 5W-30エンジンオイル SM/CF 5W-30 5W-30
()
MonotaRO

商品詳細を見る
ジムニーは3000km、タントは4000kmで交換しました。
今回は混ぜモンせず、純粋にMonotaROのオリジナルを使用しました。
激安ですが、スムーズに拭け上がります。
タントは0w-20指定ですので、若干重たい感じがします。
エレメントもMonotaROオリジナルで238円!!。
これなら惜しまず毎回交換できますわ。

オイルフィルター 16510-81403該当 SZO-10

オイルフィルター 16510-81403該当 SZO-10オイルフィルター 16510-81403該当 SZO-10
()
MonotaRO

商品詳細を見る
ジムニーとタントに使ってます。JA11ジムニーにも、ムーブにも使ってました。
安いので、オイル交換毎に交換してました。

防蝕亜鉛 CPZ-1M 角型

防蝕亜鉛 CPZ-1M 角型防蝕亜鉛 CPZ-1M 角型
()
(株)高澤

商品詳細を見る
ドライブ船にに加工して取り付けてました。

NAVALLOY ヤマハ互換 トリムタブ防蝕アノード(6E5-45371-01)

NAVALLOY ヤマハ互換 トリムタブ防蝕アノード(6E5-45371-01)NAVALLOY ヤマハ互換 トリムタブ防蝕アノード(6E5-45371-01)
()
NAVALLOY

商品詳細を見る
亜鉛でなくさらに伝導率の高いアルミニウム合金でできてるんですね。

防蝕亜鉛 CPZ-05M

防蝕亜鉛 CPZ-05M防蝕亜鉛 CPZ-05M
()
ニッコー機材(株)

商品詳細を見る
船外機用に加工すると安く出来ますね。

NAVALLOY ヤマハ互換 トランサム防蝕アノード(6G5-45251-02)

NAVALLOY ヤマハ互換 トランサム防蝕アノード(6G5-45251-02)NAVALLOY ヤマハ互換 トランサム防蝕アノード(6G5-45251-02)
()
NAVALLOY

商品詳細を見る

亜鉛を含まない、環境保護を重視した新世代防蝕アノード
淡水・汽水・海水に対応
従来の防蝕亜鉛より軽量で高い電導率と130~150%の長寿命
ヤマハパーツナンバー 6G5-45251-02
なのに、純正より安いー

そろそろメンテしないとね。



これは船のエンジン。船外機の下に付いている「アノード」と言う物です。
犠牲金属とも言うんですが、亜鉛の塊です。
船外機はアルミ合金でできています。これを海水で浸けると、
海水は電気を通しますので、合金などの異種金属はイオン化傾向が大きい方の金属が腐食してしまう「電蝕」という現象が起こります。
理科の実験でレモンか何かに電極さして電池作ったりしたでしょう?
海が巨大なバッテリー液、船外機が電極です。
微弱電流を発生させながら、船外機がやがて溶けてなくなるんですね。
ふっしぎー。
溶けて無くなるのは困るので、この亜鉛で出来ているアノードを取り付けます。
亜鉛は他の金属よりもイオン化傾向が高いので船外機が溶ける前に
アノードが代わりに溶けてくれて電蝕を防ぐという役割をしてます。
普通は1年に1度は交換してます。

これは1年使用後の物です。ボロボロでしょ。
左のは選外専用のアノード。3000円位します。
右側の長方形のは前の船に付けていた漁船用のアノード。
これが安いんです。船外機用の三分の一くらい。
KIMG1424.jpg

金欠なので、今回はこの使用済みのアノードを再利用。
しかも、ドリルで穴開けてボルトで連結。
はい。ニコイチのできあがり。
どーせ、溶けて無くなるもんですからこれで十分。
か?
KIMG1548.jpg
船底塗料がついてたので、ブラシでゴシゴシ落としました。2年は使えそうだ( ̄∇ ̄)
昨シーズンは11月にロープが切れての上架となりましたが、今シーズンはまだ上げてません。
3月までには上げて、船底掃除、ギアオイル交換などのメンテをせねば。

FC2Ad