Men’s ANDOHの流儀

食えるガーデニング 山菜 衝動買い 大陸製品 怪しいパーツ ケミカルインプレ アウディA4(B7) タント ボルボV70 940 ジムニーJB23 JA11 ランクル80 カブ90DX マリンジェットMJ1100RA 650T 釣り FISH22 SR-22 FISH13メンテ日記。ホンダ除雪機HS-35遊び 電子部品

何でこんな重いんだー


当分作業出来そうにないので、
エンジンスワップの為にボルトを抜いておこうかなーと抜きました。
僕はてっきり、この切れ目からすっぽり抜けるもんだと思ってましたが、
引っ張ってもビクともしません。←このあとオチがあったー。
KIMG2921.jpg
部品取りの方も外しておこうとスタンドから持ち上げたら、あまりの重さに手が笑ってしまい。
そのまま墜落。撃沈。
被害は、カウルにキズ。エンジン下側の空間?ミキシングエルボーみたいな部分が割れてしまった。
そして、見事に切り離し成功!!あれっ?ここから離れるのかー(笑)
KIMG2919.jpg
と感心しているのもつかの間。
シャフトの連結部分が塩の塊ですんごい事になってました。
使用後に水通しをしないとこんなことになるんですね。
前オーナーはされてたようなので、前々のオーナーがしっかりやってないと
塊が出来てしまったら、後々どうしようもないということが良く分かりました。
ソルトフラッシュとかしても無理かな?

今まで、「船外機 エンジン交換、載せ替え、入れ替え・・・」で検索しても、
いわゆる船外機本体の交換。30馬力→40馬力とか。「2ストから4ストに交換しました」
とかしかヒットせず。「エンジン単体の交換事例は無いのかな?」
と思っていたのですが。
やっぱりこの現状を見ると使い捨てなのですかね。
新品の時から使用後の水通ししていたらこんな事にはなってないと思うのですが、
仮にしてたとしても、中古で販売する時、ここまで開けて見せませんので、
素性のわからん中古船外機は塩が溜まってて当たり前の常識なのかも・・・。
KIMG2920.jpg
さてボトムケースの抜け殻ですが、再生できるかなぁ?
おそらく部品取りの方も同様の状態が推測されます。
セルモデルではないので、余計な部品も外します。


こちらは部品取りのほう。クランクも生きていて軽く回ります。
こちらはロアケースがダメになっています。
あと、リコイルのヒモが無い。
キャブ、電装系を移し替えます。
さて、いつやるか?
盆休みか、9月の連休ですかね。
KIMG2922.jpg
KIMG2923.jpg
KIMG2925.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mensandoh.blog53.fc2.com/tb.php/488-274abf95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad